部屋の遮音

システムバス

遮音性能によって変わる費用

遮音性能が上がるほど費用は高くなっていきます。静かな環境で読書をしたり仕事をしたいという目的もあれば、オーディオを楽しみたいたおいう方、楽器や声楽の練習をしたいという方まで様々でしょう。また、楽器の練習だけで見ても楽器の種類によって必要となってくる遮音性能は違ってきます。一般的に、低音は周りに響きやすいため、より遮音できる防音室が必要となるでしょう。ピアノやアコースティックギターを練習する方と、ドラムやベースを練習する方であれば、後者の方がより高い遮音性能を持つ防音室を選ぶ必要があります。防音効果が高くなるほど壁材も分厚くなるためスペースも確保しておきたいものです。

マンションでも簡単に設置できる防音室

自宅で防音室を持つ方法としてコンテナタイプの物をイメージされる方も多いのではないでしょうか。自宅の庭など敷地内に防音のコンテナを設置するだけで良いため、気軽に利用できるメリットがあります。しかし庭にスペースがなかったりマンションに住んでいる人にとってコンテナタイプの防音室を置くことは難しいということもあります。そこで注目されるのがリフォームで防音室を作るという方法です。部屋をまるごと防音室にするため、家の外にスペースが無くても今住んでいる家の中に設置することができるのです。マンションのような集合住宅では騒音への配慮は必須となりますが、防音室を一部屋作るだけで、音量を気にせず過ごせる環境を常備できるということになるのです。